株で億り人、億トレーダーになった弟を持つ男の思いを書いています。

億り人
ブログランキングに参加しています。更新のモチベーションになるので、続きも
読みたい!と思えたら下のバナーを1日1回クリックお願いしますm(__)m

小説本編 第41話~50話

第45話 最強のイナゴトレーダー爆誕!

投稿日:

授業そっちのけで弟との会話は続いた。いくらコツコツトレードの提案しても受け入れられることはなかったが、弟のためにも何かしたいと色んな提案を続けた。

そしてついに弟の心が動く時がきた。

前回のお話はこちらです。

第44話 女性脳と男性脳と弟脳

弟にアドバイスは送るものの、そのほとんどが自然と却下されてしまう状況だった。弟に悪気があるわけでもなく、単純に俺の提案が弟の満足を得られなかっただけだ。 俺はなんとしてでも弟を復活させたかった。 前回 ...

続きを見る

最強のイナゴトレーダーになる

前日準備に使う時間をもっと他のことに使った方がいいと俺は思った。

弟からすれば前日に何時間もかけて翌日の準備をすることがルーティーンワークでもあり、勝つために行っている大切な努力だということも理解している。

しかし現状を見ればその努力は悪いけど無駄だ。いや、無駄どころか負ける準備にさえなっている。

前日準備をしたことで株価も予想してしまい、心に余計なバイアスがかかってくる。

そうなると自分の読みと違っても簡単に受け入れられなくなる危険性がある。

ここまで続けてきた努力をスパッと切るのは難しいとも思うが、これは心の問題ではなく、物理的な問題だ。取って代わる何かがあれば恐らく簡単にやめることが出来るだろう。

そこで取って代わる何かを考えた。

 

D「イナゴトレードに徹した時はほぼ全勝出来てるんだけど」

 

そうだ、そう言ってたな。

俺「イナゴトレードだけなら全勝出来るの?」

D「全部ってわけじゃないけどほぼ全勝出来るはず」

俺「でもそれはやってみないとわからないところだよね」

D「いや、イナゴトレードだけなら絶対勝てる!」

きた、きたぞきたぞこの自信。

俺「じゃぁイナゴトレードだけやってりゃいいじゃん」

D「まぁそうなんだけどね。どうしても株価予想もしちゃうんだよね」

俺「でももうそんなこと言ってる場合じゃないだろ。イナゴで勝てるならイナゴやればいいんだ。そんで前日準備も全部イナゴトレードをするための準備にすればいいじゃんか」

D「確かに」

俺「イナゴトレーダーにも色々いるんだろ?いつも大口の動向とか気にしてるけど、そんなのより、イナゴで群がってくるやつらと勝負した方がよっぽど勝てると思うけどね。大口の思考を読もうとしても大衆心理の逆を突いてくるケースも多くて難しいだろ」

D「それもそうだね。あ、そうか・・・。ちょっと待ってよ」

・・・・・・

・・・

D「そうか、そうだよ!イナゴの中で最強になればいいんだ。殿様イナゴについていくイナゴの中で最強なら絶対負けないんだから。事前準備で殿様イナゴを探すのもいいね!」

俺「ま、まぁそうだけど・・・当然イナゴの中でも努力してるのがたくさんいるだろうから最強のイナゴトレーダーになるのだって簡単なことではないと思うけど」

D「いや、大丈夫!イナゴトレードに関しては絶対平気!」

俺「上には上がいるもんだぞ・・・」

D「平気!いけるわ!ありがとう!兄ちゃんのおかげでここに最強のイナゴトレーダーが誕生したわ」

 

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー・・・・・・

俺は何かを揺り起こしてしまったのか・・・。

ポジティブモンスターじゃんこれ。

これでいいの?

兄ちゃんのおかげで最強のイナゴトレーダー誕生って・・・まだ何もしてないじゃん!

 

俺「そんな簡単なものじゃないと思うんだけど」

D「ホントに平気なんだよ。絶対いける自信がある!」

むむぅ・・・

俺「それ自分を鼓舞したり勇気付けるために言ってる?なら別に何も言わないけど」

D「いや違う。そういうんじゃなく絶対いけるんだ」

「ただでさえ今までイナゴトレードでは勝てている上にこれから先はイナゴトレードの準備を徹底するんだから他のイナゴトレーダーに負けるわけなんかないよ」

 

そういう問題じゃぁないだろうと思い、色々言ってみたが、少し言い合いのようになってしまったからやめた。喧嘩するために授業を疎かにしてまで話しているわけじゃない。

今回は喧嘩というわけではないが、弟と喧嘩をしたのは俺が高校生で弟が中学生、レースゲームで弟に負け続けた時、弟のちょっとした言葉でブチギレて殴る蹴る、そして弟の数学のワークを破り捨ててしまったのが最後だ。

それ以降は些細な言い合いさえなかったように思う。

だから今回少し言い合いになったのはちょっと懐かしくも思えた。

まぁその内容はあまりに稚拙だったが。

何せ「最強のイナゴトレーダー爆誕!」「いやまだ何もしてねぇだろ」「でもいける!」「いや無理だろ」「いけるんだよ!」「無理だ!」

これだもの・・・。ま、兄弟の言い合いなんて子どもじみてる方が可愛いってもんか。

俺なんて弟が勝てるために提案してるのに「無理だ」なんて言っちゃう始末だし。

本末転倒というよりもはや何がしたいんだかわからない状態だ。

そもそもこの言い合いに結論なんてない。やってみなきゃわからないのだ。

答えはきっと近いうちに出る。

 

D「兄ちゃんと話したおかげで明日から勝てるしポジティブさが復活したわ。ありがとう!お礼にいいこと教えるよ。A銘柄とB銘柄なんだけど、材料考えるとこの後上がっていくと思うからオススメだよ。絶対いけると思うんだよね。」

あぁ・・・何も変わってねぇわ・・・。

弟は株で勝つために有料情報もたくさん登録したし、どんなことでもしました。私も無料で得られるメルマガは登録してきました。参考にしているサイトはこちらです。
株エヴァンジェリスト
新生ジャパン

弟側のノンフィクション小説も連載中です
株で億を4回つかんで4回破産した男
デイトレで勝てない人のために手法やメンタルについて書いています。
デイトレで勝てない人のためのブログ

-小説本編, 第41話~50話

Copyright© 株で億り人になった弟を持つ男 , 2019 All Rights Reserved.