株で億り人、億トレーダーになった弟を持つ男の思いを書いています。

億り人
ブログランキングに参加しています。更新のモチベーションになるので、続きも
読みたい!と思えたら下のバナーを1日1回クリックお願いしますm(__)m

小説本編 第21話~30話

第21話 緊急停止機能でリスクを回避

投稿日:

破竹の勢いで億り人となった弟だが、1日天下ですぐに陥落してしまった。それでも5500万以上持ってるのだから俺からしたら十分うらやましかった。

しかし一度狂った歯車は修正出来ない限りどこまでも狂い続けるもの。

弟がいったいどうなってしまうのか心配だった。

前回のお話はこちらです。

第20話 1日天下!?億り人から陥落

終わりはいつだって突然やってくる。足音も立てずに近寄って来て、気付いた時にはもう遅い。桜の花は散り際が一番美しいと言われる。実は株の世界でも似た言葉がある。 セリングクライマックスと対になる言葉で、バ ...

続きを見る

大負けの連鎖をどう断ち切る

予想は出来ていたが、弟は翌日の午前中も負けた。それも大負けだ。

なんと2日・・・いや1日半で6200万円近くも負けていた。

俺はこの日24万勝ってデイトレ復帰後の最高勝ち額を更新した。そう、そんなに難しい1日ではなかったのだ。ちょっと前の弟であればサクっと1000万、2000万勝っていたのではないか。

そう思うような相場だった。

それでも2000万近い負け額を計上したのはやはり心の問題なのだ。

本人は否定するかも知れないが、取り返そうという気持ちはいくら抑え込んでも完全に消し去ることは出来ない。ふとした瞬間にいつもと違う欲張り方をしてしまうのだ。

デイトレは10秒差で同じことをするだけで結果が全然違う世界だ。

この10秒の差は心の問題で生じるケースが多い。

これが上り坂を折り返し、下り坂に突入した人の典型的な負け方なのだろう。

どう考えてもここから破産に向けてまっしぐらだと思った。

しかし弟はトレーダーとして攻めの力だけでなく、守りにおいてもレベルアップしていた。

なんとここで3500万円を出金したのだ。

これは出来ない。出来ることではない。

そもそもこういった後退の気持ちを持たないからこそ短期間で億を掴むことが出来たはずだ。

ここで出金し、投資金を落とせば再度億を掴める可能性は限りなく低くなる。

1度億を達成しているだけに億への意識も強いだろう。そんな中で大負けの連鎖を断ち切ろうという行動。強制的な大負けの排除。これが出来るのは本当にすごいと思った。

確かに遅かった。

あと半日早ければもっと被害は少なかった。

でも、だからこそこの日に出金出来た意味は大きいと俺は思った。

『あと半日早く出金していれば』という思いが強ければ、『せめて午前中に負けた2000万弱を取り返したら出金しよう』という思いが出てきてしまうはずだ。

そしてその思いが出てしまっていたら恐らく坂道を転げ落ちていっただろう。

こういうリスクの回避は遅かったということはあっても、遅すぎるということはない。

いつでもいいんだ。行動に移せる時に行動に移せばいい。

多くの人は結局出金なんて出来ない。

なぜなら全てを失うまで行動を起こせないからだ。

こうして弟は株の口座に700万強残して出金をした。

株口座に700万というと、俺とほとんど変わらないのだ。

ほんの3日前は億り人として背中さえ見えなくなった弟。そのことで意識しないで済むようになり、俺の成績は一気に向上した。

それが翌日の大負けで弟の背中がぼんやりながらまた見えてしまった。

さらに翌日午前中の大負けでハッキリと背中が見えた。

そして出金したことにより、目の前に現れたことになる。

少し嬉しい気持ちもあった。

これでここから先は対等なのだ。弟がここから1億行く可能性があるならば、俺にだって可能性はある。そう思った。もちろんリスクが取れない俺の方が可能性は薄い。

でも俺だって今のペースで勝っていけばチャンスはあるかも知れない。

ここ数日の飛躍を見て少し自分に期待もしていた。

妻もデイトレをしっかり覚え、この頃には自分の判断でもトレードするようになっていた。弟に教わっただけあってかなりリスキーな場面でも怖いもの知らずで入っていく。

もしかしたら俺よりも妻の方が億に近いのかも知れないな。

もちろん破産とも隣り合わせなんだろうけど。

資金を落とした弟だったが、その日の午後、すでに200万以上勝っていた。目の前に現れたと思ったらいきなり少し逃げられた感じだが、それでも以前とは距離が全然違う。

さぁここからだ。

きちんと20万勝ちを目指そう。そして弟にも離されないようにやっていこう。楽しくなるぞ。

ウキウキしていた。珍しく気持ちも入っていた。

しかし結果はイマイチ。勝つには勝ったが大した金額は勝てなかった。

そして弟の結果を見る。180万勝ち・・・。

なぜだ。俺と何が違う。そりゃまぁリスクの取り方が全然違うのはわかる。それにしたってこんなに勝てるものなのか?前と違って同じくらいの資金だからこそ、より差を感じてしまう。

俺は弟と何が違うんだ。どうすればこんなに勝てる!?

悔しい。今回は明確に悔しさがある。

自分の限界、自分の器に怒りさえ覚える。

本業はあくまで塾で、株は副業だから。つらいからこれを合言葉にした。そう思い込むことでしかいられなかったのだ。暴走して破産するわけにはいかない。

翌営業日、また20万勝つことが出来た。よし・・・よし、よし!きちんと冷静に出来た。自暴自棄にならずに稼げた。弟はどうだ!?

350万勝ち・・・。

あぁ、無理だ。もはや対抗など出来ない。

もう何度目かわからないけれど、弟は弟、俺は俺だから。

そう、もうこれでいいんだ。

デイトレ復帰したおかげで生活費が稼げているんだから。

弟は株で勝つために有料情報もたくさん登録したし、どんなことでもしました。私も無料で得られるメルマガは登録してきました。参考にしているサイトはこちらです。
株エヴァンジェリスト
新生ジャパン

弟側のノンフィクション小説も連載中です
株で億を4回つかんで4回破産した男
デイトレで勝てない人のために手法やメンタルについて書いています。
デイトレで勝てない人のためのブログ

-小説本編, 第21話~30話

Copyright© 株で億り人になった弟を持つ男 , 2019 All Rights Reserved.